今週号の内容
今週号の内容記事
江角マキコ号泣! そして復讐を誓った「魔女狩り教室」全内幕
ついに江角派が反撃開始! 壮絶ママ友いじめ、すべて書く
江角マキコがブログでママ友いじめを告白してから2か月。まさか彼女も、こんな事態になるとは思いもしなかっただろう。江角への抗議文、長嶋邸への落書き、そしてこのたび本誌がつかんだ、江角への壮絶いじめ・・・。もはや、誰が被害者で誰が加害者なのか、収拾がつかないほど、ドロ沼の争いと化している。そして今、騒動は最悪の結末を迎えようとしていた。
これが死の赤ちゃんマッサージ証拠写真だ!
疑惑の57才女性代表が吹聴していた「イルカとの対話」「万能の水」
この写真を見て恐怖を抱く人がどれだけいることか。「寝付きがよくなる」「アトピーが治る」 ・ ・ ・そう言われた母親は、目の前で泣き叫ぶわが子の姿を見て、何を思っていたのだろう。今年6月、大阪で、生後わずか4か月のひとりの男児が命を落とした。施されたのは、科学的根拠のない、まるで“死のマッサージ”。不可解で謎極まるこの死を追った。
哀切ルポ あぁ落日の「朝日エリート妻」
「こんなはずでは…」高まる批判に肩身は狭く…
相次ぐ誤報、記事の取り消しによって朝日新聞の信用が根幹から揺らいでいる。窮地に立たされているのは 800万部を誇る大手新聞社だけではない。そこに勤める"エリート記者"の妻たちが、絶対的プライドとママ社会での地位をも失いつつある。
「殺人変異ウイルス」上陸Xデー
感染警報 致死率60%! デング熱パニックはプロローグにすぎない
代々木公園で発生したデング熱感染は列島をパニックに陥らせた。だが、それは序章だ。デング熱以上に猛威を振るう感染症の危機は、すぐそこまで迫っている。「海外の遠い国のこと」「日本は島国だから安全」…その油断が命取りになる。
保存版大特集 書くだけ脳トレ! ステップ脳トレ!
“鏡文字トレ”“コグニサイズ”2つの最新トレーニングをご紹介
現在、日本の65才以上の認知症有病者数は約462万人、認知症の前段階である『軽度認知障害(MCI)』の有病者数は約400万人といわれています。もはや、国民的課題といえる認知症及び MCI予防に有効な、簡単そうで意外と難しい2つのトレーニングをご紹介。今すぐ脳活生活、始めましょう!
中井貴一「小さな炎でもいいから、時代劇の火を燃やし続けたい」
正統派・時代劇映画『柘榴坂の仇討』で主人公を演じる中井貴一が熱く語った40分!
浅田次郎原作の『壬生義士伝』以来、久しぶりに時代劇映画で主演を務める中井貴一。小さな取材部屋で緊張して待っていると、颯爽と現れた彼は、“ぶっちゃけた感じ”で、話し始めた。微笑みをたたえながら…