今週号の内容
今週号の内容記事
三船美佳・高橋ジョージ あの愛が「嫌悪」と「未練」に変わるまで
「胸もと」「一品」「お財布」「お迎え」「訓示」「ほうれんそう」ほか全舞台裏
「墓前には毎日報告しています。父に恥じないように侍魂でがんばって行きます」。殺到する報道陣にそう語った彼女を見て、天国の三船敏郎さんは泣いていることだろう。“愛人の子”として苦労をかけ続けた最愛の娘が、今度は自らの結婚生活で茨の道を歩んでいるのだから。夫・高橋ジョージを相手にドロ沼離婚訴訟を起こした三船美佳。おしどり夫婦といわれたふたりは、16年の歳月の中で、いびつな愛を育んでしまったのかもしれない。
鈴木京香 揺れる結婚! 病の母を呼び寄せて
交際中の長谷川博己は煮え切らぬまま…
彼女が長谷川博己と急接近したのは、もう5年も前の話になる。その後、同棲を始め、いつでも一緒になる準備はできていた。ところが彼女は今、彼への愛に一直線になれない事情を抱えている。女として、娘として…かけがえのない人の狭間で苦しんで…。
美智子さま「不安な式典」雅子さま「残念な御歌」
歌会始で詠まれた歌がネットで思わぬ波紋を…
今年は戦後70年という節目の年。これまで震災などの自然災害の被災地の慰問だけでなく、戦没者や遺族のため、世界中を訪ねてこられた天皇皇后両陛下。今年は、その“祈りの旅”の集大成となりそうだ。しかし、年が明けてからの美智子さま、雅子さまにはそれぞれに厳しい試練が待ち受けていた。
〈緊急警告〉2015激甚災害MAP
巨大カルデラ噴火、M9大地震、異常豪雨…命の危険が目の前に!
昨年12月、記録的な豪雪により徳島で集落が孤立するなど死者が続出した。8月の広島の土砂災害では死者74名、家屋浸水4000軒以上という大きな被害が出た。9月には御嶽山が突如噴火し、死者57名、行方不明者6名という大惨事をもたらした。いまだ記憶に新しい災害の数々。だが、それらは序章にすぎない。2015年はより壊滅的な被害をもたらす天変地異が起きる可能性があると専門家は警鐘を鳴らす。
すべて解決! アイロンが楽しくなる図鑑
主婦が嫌いな家事ワースト3内に常にランクインする“アイロンがけ”。準備が面倒だったり、かけてもかけてもしわがとれなかったり、時間も手間もかかって、とかく面倒。とはいっても、夫には、パリッとしたワイシャツを着てもらいたいもの。そんなお悩みを一撃する目からうろこのワザ、お教えします!
シーズン到来!その前に…花粉症撃退 菌活レシピ
飛散量は昨年の2~3倍!今年は食べて備える
花粉症の人にとってつらい季節が近づいてきた。今年は東日本を中心に昨年の2~3倍の花粉が飛ぶというから早めの対策は欠かせない。乳酸菌、納豆菌などさまざまな菌を積極的に取り入れる「菌活」で春を乗り切ろう。