今週号の内容
今週号の内容記事
美智子さま限界の時! 皇太子妃雅子さま 完全休養への是非
皇籍を離れられる典子さまには、お祝いのサプライズをご用意されて…
皇室では9年ぶりとなる慶事…高円宮家の次女・典子さまが民間へと嫁がれた。皇后・美智子さまも笑顔で送り出されたが、その胸中には喜びはもちろんだが複雑な思いもおありになった。間もなく傘寿を迎えられるが、いまだに雅子さまの本格的なご公務復帰は見えず、多忙な日々を送られている。明るい兆しが見えぬ状況が憂慮されるなか、こんな声が聞こえてきた。
佐世保・同級生殺害事件 継母が手にした「巨額遺産」と「精神鑑定中の娘」
加害者父が自殺で始まるさらなる苦難
「私は生きていていいんでしょうか…」…高校生になったばかりの娘が、同級生を殺害し、頭部を切断するという事件を起こしてから2か月。父親である弁護士の彼は、遺族への謝罪をいち早く文書で発表し、事件前後の娘の様子を時系列とともに公表した。あまりの用意周到ぶりに批判の声が上がったが、一方で彼はそんな苦悩を漏らしていた。その彼をずっと支えてきた後妻。さらなる苦難が始まった…
私たちが読みたいまんがはコレだ! 55
『進撃の巨人』『娚の一生』など秋の夜長にピッタリの作品を徹底リサーチ
家事、育児、仕事に追われる忙しい毎日を送る私たちにとって、まんがを読むのは貴重な時間。笑いや涙、胸キュンはもちろんだけど、グルメや歴史…知識だって身につけたい!そんな私たちにピッタリの"大人まんが"をご紹介…
いざ、錦繍の古都へ 幾たびの京都、行く旅の魅力
古都巡りで見つけた京の絶品をお届けします
木々の葉が色づき、秋の気配を感じたら、ふと訪れてみたくなるのが京都の街。2年前、本誌で秋の京都を案内してくれた女優・羽田美智子さんが、新たな見処や食べ処の情報を携えて案内してくれました。そのほか真の都人たちが絶賛する、秘めおきの店もお教えします。
貯まる女になる1日3分の家計ダイエット習慣
我慢が苦手、ズボラ、低収入でも貯金160万円アップ
消費税アップに続き、乳製品やコーヒーなど値上げラッシュで家計が大ピンチ! でも、どう削っていいかわからない…という人は必読。節約が苦手でも、収入が低くても、"ある習慣"を始めるだけで「貯まる女」に生まれ変わることができます。やることは"たった1つ"で、しかも"1日3分"と超手軽。多くの赤字家計を蘇らせてきたベストセラー『家計ノート』著者・細野真宏さんが、今日から簡単にできる、明るく楽しい家計ダイエット法を教えます。
岡本夏生×杉村太蔵 儲けをつかむ必勝法
最高年収2億円の女と資産1億円の男 仰天対談in高級料亭
バブル真っ盛りの時代にハイレグの女王として最高年収2億円を稼ぎ出したタレントの岡本夏生(49才)と、初の著書『バカでも資産1億円 「儲け」をつかむ技術』(小学館刊)が話題を呼んでいる元衆議院議員でタレントの杉村太蔵(35才)の対談が実現。会場となったのは、国会議員当選直後に杉村が言った「行ってみたいですね、料亭に!」という発言にちなんで東京・神楽坂の高級料亭。「儲け」をテーマに爆笑トークが始まった…